がん保険の必要性

「医療保険に入っているから、がん保険は必要ないのでは?」と考えている方も多いのではないでしょうか。
確かに若いうちは、癌になる確率は低いため、がん保険の必要性を感じないかもしれません。しかし、罹患した時のリスクを考えてみましょう。

まずは先の生活を考えて、精神的に不安定になる可能性があります。
仕事を休むことで収入が減るために家族の今後の生活を心配することになるでしょう。貯蓄を切り崩して生活しなければいけなくなる可能性もあります。

そんな時に経済的な面で支えになるのががん保険なのです。
現在は、高額療養費制度という公的な制度があり、1か月の入院費がある一定額を超えた場合は、自己負担額が軽減されます。

しかし、癌の治療には想定外の支出が伴います。
抗がん剤治療で頭髪が抜けた時に必要なかつら、むくみを取るための弾性ストッキングなどのケア用品や個室代金などです。

これらは、保険適応外のため、自費扱いとなります。
また、近年は重粒子線治療や陽子線治療といった先進医療を受けることができますが、こちらも自費診療です。
体への負担が軽く、通院で治療でき、治療効果も高いのですが、自費で受けると300万円ほどします。

経済面や精神面の負担を軽くして、治療費の心配をすることなく病気と闘うためにがん保険は必要なのです。
年齢が上がるにつれて、保険料の負担も増えるので若いうちから備えておくことがおすすめです。